ちょっと真面目なお話。

昨日・今日と続けてfacebookで迷子の情報を見ました。
いたたまれない・・・
連絡先がわかるものは身につけていないそうです。
飼い主様の心情を思うと、本当に人ごとではなく、涙が出ます。
ましてやその子が老犬だったりすると尚泣けて来ちゃう。

どちらも大型犬でしたが・・・
早く見つかるように祈るばかりです。


うちは迷子札を作らせていただいてます。
なぜマイクロチップと言われているこの時代に迷子札を作るかというと・・・
まず、マイクロチップのデメリットからお話します。
(私にはデメリットしかないように思えるのです)
*とても小さい小型犬・・・例えば、タイニープードル・ティーカッププードル・チワワなどから
とても大きい大型犬・・・例えば、グレートピレニーズ・バーニーズマウンテンドッグ・ウルフドッグに到るまで
マイクロチップは同じ大きさであるということ!
おかしいと思いませんか?
小さいし負担もないと言われていますが、実際姉のトイプードルは皮膚の上からマイクロチップがわかります。

*一度登録した情報を書き換えるのがとても難しいということ。
例えば保護犬などの場合、前の飼い主さんの情報が入っていますが、登録番号も何もわからないので書き換えられないとの話を聞きました。

*何と言っても読み取る機械がある場所が、ものすごく少ないということ!
ペットショップでマイクロチップを入れて渡されますよね?
でも、そのペットショップにすら、読み取る機械がないところがほとんどです!

*読み取ると番号表示されること。
もどかし過ぎませんか?
読み取ってすぐ電話番号などの情報が表示されれば、早く連絡できるのに〜!
出た番号を問い合わせて初めて情報がわかるんですよ〜!
うちのお客様から聞いた話では、迷子の子がマイクロチップ読み取ったら前の飼い主さんの情報で、結局その子は帰ってこなかったようです・・・

だからこそ、うちは迷子札を推奨しています。

もちろん、「マイクロチップ入ってるからな〜、迷子札はいらない」というお客様もご来店されます。
それは否定しませんし、無理強いもしません。
あと、「うちの子は大丈夫。迷子にはならないから・・・脱走もしないようにしてるし、したことないから」というお客様もご来店されます。
それも否定しませんし、無理強いもしません。

でもでも、万が一を考えてください!

私だって、うちの子は大丈夫って思ってますよ(笑)
だって、私が手を離さない限り散歩中も安心だし、家はマンションなのでエレベーターに乗らない限り外には行けないし・・・
でも、もし!!!
散歩中にリードが切れたら・・・
もし!!!
玄関出ちゃった時に、たまたまエレベーターが開いたら・・・
考え出したらキリがないくらいの「もし!」が潜んでいるんですよね〜・・・これが。

なので、迷子札を2個つけてます(笑)
まあ、心配性なのでね!

迷子札のメリットは・・・
*すぐに番号がわかるので1番に飼い主さんに連絡がくる!
誰が見ても情報が一目瞭然!
おしゃれもできるしね♬

でもデメリットは・・・
*愛犬がフレンドリーな子じゃないとダメかも!
逃げた犬を、その辺の人が捕まえるのって大変ですよね?
なつこい子なら、すぐ保護できるけど、警戒心の強い子ならまず逃げる。
そうなると迷子札の意味もない。でもそれはマイクロチップも同じ。
保護センターの人や警察の人などがどんな手を使っても保護できれば連絡はくるけど・・・
他の犬とも仲良くできたり、人と仲良くできることは、必須ではないけれどある程度は必要ではないかと思っています。
(うちの看板犬見習いのルキは、修行中です  笑)

*もう一つは個人情報が見えてるということ!

メリット・デメリットは、それぞれありますが・・・
迷子札や鑑札!
とても大事です!

ぜひ、まだつけてない人!
考えてください!

たくさんのわんこさんが幸せでいられるように・・・
ママ・パパの元で安心できるように・・・
これからも迷子札を推奨していこうと思っています。