昨日になってしまいましたが、あの出来事から23年が経ちます。
阪神淡路大震災・・・
震災に遭われた方々には忘れられない、5時46分。

1月17日、犬仲間での集まりで当時震災に遭われた方とご一緒しました。
ほとんどが犬談義!
迷子札の話から震災の話へ・・・
震災で一番最初にすることは何だと思いますか?
出口の確保だそうです!
当時自宅にいた彼女は、鉄製の玄関がひしゃげてしまった為に閉じ込められてしまったそうです。
なので、地震だ!と思った時には、まず玄関を開けてください❗️
それから自分を守ることだそうです。
これもまず自分の安全の確保をしないと、家族にも・・・そして愛犬も助けられない❗️
当時彼女は犬を飼ってなかったそうですが・・・
今は愛犬と暮らしています。

みなさん・・・
今震災がきたら、愛犬を守れますか?

正直、私も自信がありません。
でも!そこでも迷子札です!
愛犬を守れるのは飼い主様だけです!
愛犬に迷子札が付いていれば・・・
震災で離れ離れになっても、「あ、このこ迷子札付いてる。飼い犬なんだな」とわかります。
震災の中、みんながパニック状態。
ケータイも繋がらないでしょう・・・
でも、自分の飼ってる犬だという証さえあれば、また会えるんです!
23年前の出来事を振り返って、その日に仲間と会い、貴重なお話・・迷子札の重要さを改めて考えさせられた日でした。
みなさんも今一度考えてみてください。
愛犬に迷子札つけてますか?

最後に、被災者の方々のご冥福をお祈りします。